男性の自毛植毛について

男性の自毛植毛について 男性の薄毛は男性ホルモンが原因である、男性型脱毛症が多いとされています。
ホルモンが原因ですので、薬での治療が可能となっています。
しかし、その薬が効かなかったり、すぐに薄毛を改善したいという人には向いていない治療です。
確実に薄毛を改善したい場合には自毛植毛が効果的だとされています。
自毛植毛は後頭部や側頭部に生えているしっかりした毛を気になる部分に移植するという施術法になります。
移植した髪は定着すれば、自毛となって一生生え続けるというメリットがあります。
ヘアサイクルに沿ってある程度成長すれば抜け落ちますが、健康な髪と同様に新しく生えてくるというのが特徴です。
また、かつらなどとは異なり一度定着すれば特別なメンテナンスは必要ないというのも魅力になります。
メリットだけではなく、髪の毛を摂取した部分の頭皮がなくなるため大量に採取することはできず、採取する量には限りがある、施術回数が決まっているなどのデメリットもあるためそれを理解してから施術することが大切です。

男性の自毛植毛のメリット

男性の自毛植毛のメリット 後頭部などに生えている自身の毛髪を、頭頂部やおでこの生え際の様に毛の薄い部分に移植することの出来る自毛植毛には、拒絶反応を起こしにくく、頭皮の毛細血管や神経と結合し定着しやすいというメリットがあります。
頭頂部やおでこの生え際が薄毛になりやすい原因に男性ホルモンの受容体が影響しているといわれていますが、後頭部などには男性ホルモン受動態がほとんどないため、薄毛になりにくいとされています。
そこで元気に発毛している後頭部などの皮膚を薄げで悩んでいる部分に自毛植毛として移植することで、男性ホルモン受動態の影響を受けない植毛をすることが出来るのです。
そのため本物の自身の髪の毛として一生生え続けることが可能とされています。
自毛植毛のメリットは他にも自身の毛髪なので仕上がりが自然になりやすく、時間の経過とともに髪の毛も伸びるし、加齢とともに白髪にもなるため違和感を感じにくいことを挙げることが出来ます。
そのため好きな髪形にすることも出来るので、植毛後に余計なストレスがかかりにくいともいえます。
自毛植毛が気になったら薄毛治療専門のクリニックで扱っているかどうかを確認し、カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。