自毛植毛の手術後の流れについて

自毛植毛の手術後の流れについて 自毛植毛の手術後4か月間程度は、実際の効果を感じられないと悩む方が多いので流れを把握しておきましょう。
手術によって植毛した毛は、数週間のうちは伸びますが自然と抜け落ちるのが一般的です。
そのあとに生えてくる産毛が徐々に成長することによって、本当の植毛効果を実感できるようになっています。
術後3か月目以降に産毛が生え、6か月前後経過すると毛髪の成長が進みます。
10か月以降になると5cm程度まで髪の毛が伸びてくるので、自毛植毛の効果が明らかになるでしょう。
また、手術をした直後は髪が抜けやすい時期でもあるため、洗髪などのヘアケアの注意点を守りましょう。
植毛の定着には一般的に4日間程度かかるため、初めは頭皮をこするようなシャンプーをしないことが推奨されています。
シャンプーも原液のままで塗布して洗うのではなく、お湯で薄めたものをかけ流して汚れを落とす方法がおすすめです。
シャンプー後にはドライヤーの熱風を当てないことや、タオルドライでこすることも避けた方が良いと言われています。
術後の経過を流れで追いながら、注意点を守ったケアをするとトラブルを避けられるでしょう。

自毛植毛の手術後の注意点

自毛植毛の手術後の注意点 自毛植毛の手術後に注意すべき点としてはどんなことがあるのでしょうか。
基本的な原則は、頭皮に余分な刺激を与えないようにするということです。
そのため、手術当日のシャンプーは控えることが必要でしょう。
もちろん、雑菌が繁殖しないようにするため、術後の数日間はお湯で洗い流すなどのケアができるかもしれません。
この点に関しては、クリニックごとに指示が異なるため、その指示に従うようにしましょう。
また、自毛植毛の手術後に注意できる別の点として、飲酒を控えるというものがあります。
自毛植毛の手術後は出血が続いている状態であるため、飲酒によって血行を促進することは避けるのが賢明です。
さらに、運動も血行を促進することになります。
手術後の運動を控えることによって、植毛の定着率を上げるとともに、運動による動きが原因で植毛部分が剥がれ落ちてしまうといった事態を避けることができるでしょう。
加えて、紫外線にさらされないよう注意することも必要です。